バッティング

バッティングで長打を打つためには?

詳細はこちら

バッティングで長打を打つには、上半身だけ、もしくは、手だけで打つのではなく、全身で打つことが重要になります。

 

体重をのせて、全ての力を打球にのせることで、打球が遠くまで飛び、長打になるのです。

 

そのためには、まず、バッティングフォームをしっかりと固めましょう。

 

体を充分にひねって、下半身と上半身をスムーズに連動させることが、長打に繋がります。

 

足腰を鍛えるために、走り込みをするのも、長打力の強化に繋がるでしょう。それに、手首を鍛えること、柔らかくすることも大切ですね。できれば、毎日、鏡の前で回数を決めて素振りをしてください。

 

その際に大切なのは、素振りをする回数の多さではなく、精度になります。やみくもにバットを振るのではなく、一回ごとにちゃんとフォームを確認しながら振りましょう。

 

過剰で不適切な練習は、腰などを痛める原因にもなりますから、練習方法やメニューには注意が必要です。

 

もし、体が小さくてなかなか長打が打てないと悩んでいるのなら、自分と同じくらいの身長のプロ野球選手のバッティングフォームを参考にしてみるのもオススメです。

 

例えば、イチロー選手や小笠原選手はプロ野球選手としては小柄ですが、充分な長打力がありますよね。体格的に恵まれていなかったとしても、練習次第では長打を打てるようになるものです。

 

また、長打を打つためには、ボールの芯にバットを当てる必要もありますから、実際にボールを打つバッティング練習も欠かせないでしょう。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD