インコース打ち方

インコースの打ち方

詳細はこちら

バッティング上達の為には、インコースの打ち方を覚えると良いでしょう。

 

インコースと一言にいっても、低めのボールと高めのボールがありますよね。

 

しかし、インコースの打ち方の基本はどちらも同じです。

 

インコースのボールは、腰を鋭くひねり、グリップをボールの内側へ入れるよう腕をたたんで、バットに球をぶつけるように打ちます。

 

インコースのボールの時は、早めに腰を回転させ、始動する事がポイントです。

 

何回も練習し、インコースに対する自分の始動のタイミングを会得するといいですね。

 

インコースの中でもインコース低めのボールを打つ時は、膝が硬くならないように気を付けながら、膝の開きを我慢して顎を引く体勢で打ちましょう。

 

膝を柔軟に使い、腰や膝を曲げ、沈み込むような形が必要となる為、インコース低めのボールを打つには、柔軟な下半身の動きが重要になります。

 

また、インコース高めのボールを打つ時には、迫るボールへの恐怖感を乗り越えなくてはいけません。

 

頭部付近に来るボールを恐いと思ってしまうと、体が引けてしまったり、目をそらせてしまい、きちんと打つ事ができなくなってしまうものです。

 

インコース高めのボールを打つ時は、バットのヘッドが下がらないように肩の高さでバットを回転させる事がポイントだと言われています。

 

腰の回転を速くして、もっと腰の回転を十分に使用するようにし、バットを最短距離で振るという意識をもってバッティングの練習を実施すると上達するでしょう。

 

 

 

タオルを使った素振りの練習方法

タオルを使った素振りの練習法で、バッティングを上達させる事ができます。

 

バッティングの練習には、シャドウバッティングというタオルを使った素振りの練習方法があります。

 

タオルを使った素振りの時は、腕のみでタオルを振っても腰のひねりがしっかりしてないと速いスイングにならない為、上半身を使用してスイングをする感覚を掴む事ができます。

 

腕の力が弱い方は、バットを握ると腕で振ろうとしてしまうので、このタオルを使った素振り練習で上半身の使用方法を覚えるとバッティングが上達するのではないでしょうか?

 

タオルを使った素振りは、初めて実施する方にとってはコツがつかみにくく、難しいと感じるかも知れません。

 

そういう時は、タオルの片方を結んだ物を使用してみてください。

 

タオルの先に重心ができる為、素振りを行いやすくなりますよ。

 

タオルを使った素振りを実施する時は、鏡や窓等自分の目で自分のフォームが確認出来る場所で実施すると良いでしょう。

 

また、一日何回という目標を決めて実施する事で、集中する事ができ、中身の濃い練習ができるはずです。

 

もっと、素振りの際は力まず、フォームを確認しながらフォームを作っていくという意識を持つ事がポイントとなります。

 

タオルを使った素振りに慣れてきたら、実際の試合をイメージして、いろいろなコースを想定して素振りの練習をしてみても良いでしょう。

 

タオルを使った素振りで、バッティングの上達を目指してみてはいかがでしょうか?


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD