外角の打ち方 空振りが多い理由

外角が打てない理由

詳細はこちら

外角が打てない理由としては、まず、バットを構えたときに腰が引いてしまっていることが考えられます。構えた時から腰を引いてしまうと、かかとに体重がかかってしまい、バッティングのときに体重移動がスムーズにできません。

 

その結果として、外角の遠いボールに強いインパクトを伝えることができず、打てないということになってしまうのです。これを直すためには、構えた時に腰が引けないよう、体重を足の親指の付け根に乗せることを常に意識するようにすることです。

 

また、ステップした足が投手方向に対して正しく向いていないというのも、外角が打てない理由としてあげられます。ステップした足が外側に開くようになる場合、ボールから遠くなり、おのずと外角のボールが打ちにくくなります。

 

ステップする際は、右バッターならば左足のかかとをピッチャーの方に向けるようにしましょう。こうすることで足が親指から地面に付くようになり、そのまま足の親指に体重をかけてスイングすることで外角もスムーズに打ちやすくなります。

 

つまり、下半身を外角に向けてしっかりと可動させるようにすることが重要なのです。インパクトの瞬間には、ボールに負けないようにヘッドに力を入れるようにすると、外角のボールを強く打ち返すことができます。

 

外角の球を打つ際に自然に下半身を踏み込んで打てるようにするには、ティーバッティングやフリーバッティングで外角に投げてもらい、体に覚えさせることが一番でしょう。
外角の打ち方はこのように練習すると良いでしょう。

 

 

 

空振りが多い理由

空振りが多い理由としては、まずはテイクバック時の問題がある場合があります。テイクバックの時にグリップの位置が下がっていると、体がピッチャーの方に突っ込んでしまい、ボールを迎えにいくような格好になってしまいます。

 

すると、トップの位置が不安定になってしまい、空振りが多くなるようです。現在のあなたのグリップの位置で、本当にテイクバックがしやすいのかどうかを確認してみましょう。

 

また、大き過ぎるテイクバックや、テイクバックを意識し過ぎて、テイクバックからスイングの始めに余計な力が入り過ぎるのも空振りの原因となります。まずはテイクバックを修正する事で、空振りする回数もかなり少なくなるでしょう。

 

バッティングの際に力み過ぎて肝心なインパクトが疎かになってしまっても、空振りの原因となってしまいます。スイングの最初から最後まで力強く振ろうとしても、きれいな軌道は描けないものです。

 

実際、飛ばそうと力めば力むほど、空振りしてしまいます。バッティングは力まず楽に振るのが、実はよく当たるものなのかもしれません。

 

それから、ボールから目を離すタイミングが早過ぎても、やはり空振りしてしまいます。インパクトの瞬間まで決してボールから目を離さないよう、常に意識する事が重要です。

 

あなたが野球初心者であれば、単純にまだボールに慣れてなくて空振りしている場合もあるので、練習で回数を重ねていけば打てるようになるかもしれません。


バッティングDVD ピッチングDVD 走塁・盗塁DVD 野球指導用DVD